床暖房をやめた。2階リビング1階寝室という間取りで、1階が極寒。

私は家を建てると決めたとき、絶対に床暖房にしようと思っていました。友達の家が床暖房にしていて、遊びに行ったときにその暖かさがとても心地よかったからです。

床暖房だけで、ほかの暖房器具はほとんど使わないと言っていたのも覚えていました。

そして家を建てることになり、設計段階で床暖房を希望すると、担当の営業の方が、うち(ハウスメーカー名)は、冬はそんなに寒くないので必要ないのでは?と言われました。

床暖房を入れるとなると、さらにお金がかかるので、そんなに寒くないのなら、まあいらないかと思ってしまい、簡単にあきらめてしまいました。

確かに、気密性の高い鉄筋コンクリートの家なので、いらないのかなと納得してしまったのです。

そして冬を迎えると、リビングはそこで生活しているので普通の暖房器具で問題なく生活していましたが、寝室のある1階はとてつもなく寒く、驚くことに温度計は、外気温とたいして変わらないほど低いのです。もう凍死レベルです。

子どもはあまりの寒さに、パジャマだけでは寝れずに、上下のウインドブレーカーを着こんで寝ています。

もちろん暖房もがんがんかけてます。そのせいで、喉が乾燥してしまいます。

家を建てるとき、なぜもっと床暖房にこだわらなかったのか、そのハウスメーカーで建てた人の口コミなどをチェックしなかったのか、とても後悔しています。

お金がかかることなので、あとから床暖房の工事をすることもできず、今年も寒い思いをして寝ています。

おすすめサイト>>>>>https://坂戸市注文住宅.com/